歯科助手から転職するべき?おすすめの職種や転職サイトを徹底解説

歯科助手から転職するべき?おすすめの職種や転職サイトを徹底解説

「受付も診療補助もと業務が多い」「患者さんとのコミュニケーションが大変」など、歯科助手の仕事に鬱憤が溜まり転職したいと考えている人も多いでしょう。

でも、本当に歯科助手を辞めるべきなのか、歯科助手からどんな仕事へ転職したら良いのか悩みませんか?

そこで今回は、「転職するべきかの判断基準」「歯科助手からの転職でおすすめの職種」を徹底解説!また後半では、歯科助手からの転職でおすすめの転職サイト(エージェント)もご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

本当に歯科助手から転職すべきか?転職の判断基準をご紹介

「歯科助手業務への鬱憤が限界!」そう思って転職を決意する方も多いでしょう。

でも、すぐに辞めるのは危険!また転職を繰り返す原因になりかねません。

ここでは、歯科助手から本当に転職してもよいのかの考え方・判断基準についてご紹介します。

給料?働き方?歯科助手を辞めたい理由を整理

まずはあなたが歯科助手を辞めたい理由を整理しましょう。そして整理する際に考えて欲しいのは、下記の3つのどれに当てはまるのかを見極めることです。

  • 給料
  • 勤務条件
  • 職場環境

例えば「給料が安いから辞める」「残業が多すぎるから辞める」「人間関係が悪いから辞める」など、辞めたい理由を整理してください。そして、辞めたい理由から転職理由を明確にすることが大切です。次項では、転職しても良い人の特徴をご紹介します。

転職しても良いのは転職理由が明確になっている場合だけ

転職しても良いのは転職理由が明確になっている場合だけです。

例えば、「給料が安いから辞める」と言った理由で辞めたい場合、ここで考え方を留めておくのではなく、さらに細かく考えてみましょう。

例えば、「給料が安いから今よりも3万円給料が高いところへ転職したい」など、具体的にどのくらい給料をアップさせたいのかまで明確に言語化しておくことが大切です。

給料に限らず、「人間関係」が辞めたい理由なのであれば人間関係がどのようになったら良いのかまで考えましょう。辞めたい理由だけだと、ただの不満になってしまうため、「どうなったら良いのか」まで深掘りして転職理由を考えることが大切です。

不満や軸を言語化できていない方は転職を急がないで!

単に「歯科助手の仕事が嫌だから」「働き方が嫌だから」と不満だけで転職するのは、失敗を繰り返す理由になります。また、あなた自身が仕事に対してどのような考えの軸を持っているかも非常に大切。例えば「家庭の時間を大事にしたい」「稼ぐために仕事を大事にしたい」など、どのような軸を持っているかによって転職先に求める条件も異なります。

このような軸もないままに転職するのは非常に危険。一度冷静になって、「自分は何をしたいのか」に向き合ってみてください。

退職理由・転職理由を自己分析したい方は、下記をご参照ください。

働きたくないでござる|転職・副業情報サイト

歯科助手から転職する際におすすめの職種

あなたは転職するべきかどうか考えられましたか?そこで今度は、歯科助手からどのような職種へ転職したら良いのか3つの職種をご紹介します。今回ご紹介するのは、あくまでも一例です。必ずあなたの転職理由や軸を元にして、転職先を選ぶようにしましょう。

歯に関する民間企業で商品開発・営業・サービス業

歯科助手からの転職で一番関連性が高く、志望動機も比較的考えやすい職種が「歯に関する民間企業」へ転職することです。例えば歯ブラシ・マウスウォッシュ・マウスピースなど歯に関わる製品を開発している民間企業であれば、歯科助手としての知識も活かしながらj働けます。例えば商品開発として企画側に転職したり、営業として歯に関わる製品の販売をしたりなど、選択肢が非常に広いです。

自身の転職理由や軸を元にして、転職を検討してみましょう。

補助業務が活きる一般事務

歯科助手として補助的業務が好きだと言う方は、一般事務職に勤めるのも一つの選択です。一般事務の主なお仕事は、会計・電話・受付・書類作成などシンプルな業務が多く、歯科助手のみに限らず、どの業界から転職する場合でも人気の高い職種です。

転職理由で、業務や休日などがあげられる方は一般事務を受けてみるのも良いでしょう。

もちろん、同じ一般事務でも会社によっては働き方が異なるため、勤務条件があなたの希望とマッチしているかは必ず確認してください。

人のお世話が好きな人は介護士も!

歯科助手を通して患者さんと接することが好きだったと言う方は、介護士を目指す選択もあります。業務としては大変な部分も非常に多いですが、世話好きな方にはピッタリな職種です。業務改善が行われている施設も年々と増えているので、転職理由と勤務条件が合っている場所で働いてみるのはいかがでしょうか?

歯科助手から転職する際におすすめの転職エージェント

最後に歯科助手から転職する際におすすめの転職エージェントについてご紹介します!今回は、20代で歯科助手から転職したい人・求人数が多く幅広い年代で使えるエージェントに絞ってご紹介。ぜひ参考にしてみてください!

20代・第二新卒の方はマイナビジョブ20’s

20代や第二新卒と若い方におすすめしたいのが、マイナビジョブ20’sです。若い世代に特化した転職エージェントだからこそのメリットが豊富で、20代・第二新卒の方は積極的に使っていきたいエージェントです。例えば、エージェントそもそも20代の転職に特化した人材であったり、この年代に向けた求人を多く所有していたりしています。

ただしサポートしている地域に制限があるため、登録する際は注意しましょう。

<サポート地域>

関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)・大阪・京都・愛知・兵庫・奈良・滋賀

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sのエリア外の方はパソナキャリア

マイナビジョブ20’sのサポート対象エリア外の方はパソナキャリアもおすすめです。パソナキャリアは求人数が非常に多く、保有求人数40,000件以上と国内でトップを走る転職エージェントです。全国でサポートを展開しているので、どこの地域の方でも登録して利用できます。

多くの求人を見て決めたい方はリクルートエージェント

年代に限らずブランド力もあり、鉄板なリクルートエージェントもおすすめの転職エージェントです。リクルートエージェントでは、これまでの会社の経験などを入力することで簡単に履歴書の作成ができます。また職務経歴書の作成もサポートしてくれるので、初めての転職で非常に使い勝手の良いサービスです。

このように転職エージェントサービスはたくさんあります。そして、それぞれのエージェントによって保有している求人が異なるため、なるべく複数登録して、さまざまなエージェントの意見を聞くのも転職成功への近道です。

まとめ

転職をしない選択も、転職をする選択もどちらも悪いものではありません。大事なのは、自分の軸を大切に仕事ができているのかどうかです。「今の生活が自身の軸とずれている」「どうしても耐えられないことがある」などの場合に限り、転職を検討してみてください。そして転職を検討する時は、しっかりと転職理由を明確にすることが大切。ぜひ後悔しない選択になるよう、応援しています!